忍者ブログ

僕達急行 A列車で行こう

  • posted at:2019-07-18
  • written by:砂月(すなつき)
ぼくたちきゅうこうえーれっしゃでいこう
「僕達急行」製作委員会(東映=木下グループ=バンダイビジュアル=東映ビデオ=フィールズ=WOWOW=アサツー ディ・ケイ=東映アニメーション=テレビ朝日=朝日放送=イノベーションデザイン=メ~テレ=北海道テレビ放送=九州朝日放送=読売新聞社=長崎文化放送=熊本朝日放送=大分朝日放送=鹿児島放送)
配給:東映
製作年:2011年
公開日:2012年3月24日
監督:森田芳光
制作:香月純一 木下直哉 大下聡 日達辰夫 栗原正和 和崎信哉 篠田芳彦 高橋浩 平城隆司 山本晋也 岩本孝一 樋泉実 栗原一郎 前原晃昭 上野輝幸 中島俊明 吉村和文 笹栗哲朗 植田義浩
プロデューサー:白倉伸一郎 三沢和子 川田亮
音楽:大島ミチル
俳優統括:福島康裕
キャスティングプロデューサー:杉野剛
ラインプロデューサー:木次谷良助
配給統括:村松秀信
宣伝統括:相原晃
脚本:森田芳光
撮影:沖村志宏
美術:和田洋
照明:渡邉三雄
録音:高野泰雄
編集:川島章正
音響効果:伊藤進一
スクリプター:森永恭子
装置:湯澤幸夫
衣裳:宮本まさ江
監督補:杉山泰一
監督事務:小谷徹
助監督:増田伸弥
制作担当:橋本靖
主題歌:「RIDE ON」RIP SLYME
制作プロダクション:東映東京撮影所
出演:松山ケンイチ 瑛太 貫地谷しほり ピエール瀧 村川絵梨
アメリカンビスタ カラー 117分

父・哲夫が経営するコダマ鉄工所で働く息子の小玉健太は、ドミニカ共和国からきた従業員のアクティとユーカリに日本の技術と景観の素晴らしさを知ってもらうために、両方の魅力が詰まったわたらせ渓谷鐵道へ連れて行った。絶景ポイントが幾度も現れ車内に歓声があふれる中、小玉は険悪なムードのカップルが気になって仕方なかった。やがて女性は立ち去り、男性は彼女の背中を目で追った。すると二人は偶然目が合い、男性がにこりと笑ったため小玉も笑顔で返した。

事故の影響で上下線の運転がストップし、地下鉄の駅は通勤時間が重なったことで大混乱に陥っていた。そんな中、スーツ姿の小町圭は「困ったな。でも大丈夫なんだな」と呟きながら呑気に歩いていた。その声に振り向いた女性が助けを求めると、小町は「僕についてきてごらん」と言った。路地を歩き商店街を抜けるとその先には北千住の踏切が見えた。ここまできたら世界の何処だって行ける。彼は誇らしげにそう言った。小町が勤めるのぞみ地所は全国各地に自社ビルの支社を持つ大企業で、彼は企画開発部に所属している。この日の会議では今後予定される高層マンションの建設について話し合われたが、小町は郊外に林立させると生態系に影響を与えるとして反対した。議事録は社長が目を通すことになっているが彼はそれを承知で発言した。

小玉は肩を落として歩く哲夫から7千万円の融資を断られたことを聞いた。他の金融機関に断られた場合でも北品川信用金庫は技術を担保と考えた担当者が都合をつけてくれた。そこに見限られたとなるともうお手上げだ。「鉄が切れるんなら、人も斬れってか!」。哲夫は吐き捨てるように言った。小玉が会社に戻ってくると待ちかねたアクティとユーカリが僕たちを辞めさせてもいいよと言った。従業員にまで心配を掛けていることを知った彼は、贅沢しなければみんなで働けるから大丈夫だと勇気づけた。

仕事から帰った小町はマンションの前に出来た人だかりを無視しようとしたが、管理人に呼び止められた。水道設備に欠陥が見つかりマンションを建て直すことが決まったというのだ。なるべく早く出て行くように言われたため、小町はの休みを使って新居探しを行った。その帰りの京急大師線でのこと。彼が音楽を聴きながら車窓の風景を眺めていると、座席の青年から声を掛けられた。わたらせ鐵道で会いましたねと言われ、記憶を辿る小町。一緒だった可愛い女の人とはその後どうなったんですかと尋ねられ、そのときのことを思い出した彼は詮索されないようにレゲエの人たちと楽しそうでしたねと話をはぐらかした。お互い紹介しあい、鉄道好きであることがわかると小玉はうちの寮にきませんかと言った。辞めた従業員がいてたまたま一室空いているのだ。小町はこれも何かの縁と思い世話になることに決めた。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R