忍者ブログ

ホームカミング

  • posted at:2017-09-22
  • written by:砂月(すなつき)
ほーむかみんぐ
「ホームカミング」製作委員会(キングレコード=クロックワークス)
配給:クロックワークス
製作年:2010年
公開日:2011年3月12日
監督:飯島敏宏
エグゼクティブプロデューサー:大月俊倫
プロデューサー:藤本款 森山敦 森満康巳
アシスタントプロデューサー:山下義久 山下葉子
脚本:千束北男
音楽:冬木透 栗山和樹
撮影:稲垣涌三
照明:佐野誠
美術:池谷仙克 及川一
録音:山方浩
編集:松木朗
スクリプター:堀ヨシ子
監督補:小中和哉
助監督:小原直樹
衣装:加藤麻乃
ヘアメイク:山口亜希子
装飾:高橋俊秋
キャスティング:田端利江
制作担当:高瀬博行
企画:ガンジス
制作協力:フルフォレストファクトリー
出演:高田純次 高橋惠子 麗奈 秋野太作 黒部進
アメリカンビスタ カラー 105分

大手企業の船舶部で勤続37年仕事一筋に生きてきた鴇田和昭も61歳になり、ついに定年の日を迎えた。彼の頭の中にある理想は、現在独身の息子・和弘が結婚しその家族と二世帯で暮らすことだ。そのために都心から離れた静かな場所にあるニュータウン「虹の丘タウン」に新居を構え、来るべき日のために準備をした。帰宅すると彼を待っていたのは和弘と妻の摩智の他に見知らぬ女性がいた。その女性が和弘の婚約者の北小路彩香だとわかると、和昭の疲れは吹き飛んだ。だがその夜の食事は和昭の慰労会に彩香が加わったことで盛り上がったものの、時間が経つにつれて彼の表情が曇って行った。和弘は彩香と結婚した後、彼女が持つ赤坂のマンションで一緒に暮らすのだという。美咲が帰ったことで和昭が愚痴を漏らすと、和弘も相手が決まらないうちに二世帯住宅なんか建てるからだと言い返した。大勢でワイワイと暮らす夢が崩れたことで和昭は大きなショックを受けていた。

翌朝、新しいスタートを切った和昭は気持ちを切り替えてジョギングを始めたが、その途中で辻向かいに住む佐藤一郎に会った。突然お墓を決めましたかと聞かれて驚いたが、この街に住む時間は平均寿命から逆算すると意外と限られていることを知った。一郎は5年前に住み始めたことからこの街の事情に詳しく、かつての理想の街といわれた虹の丘タウンも少子高齢化の波に飲み込まれ、平均年齢69歳の老人の街と化していると説明した。彼が和昭を連れて向かった公園ではラジオ体操の準備が進んでいたが、ベンチに寝ていた酔っ払いの男が暴れ出したことで大騒ぎになり、一番若い和昭が駐在所まで通報に行くことになった。ところが急いで駆け込んだもののそこは「空き交番」の状態で、机に置いてある電話で状況を説明しようとしてもうまく相手に伝わらなかった。やがて別の通報を受けたパトカーが公園に到着したことを知り和昭は息を切らせて戻ったが、事情を聞きたいと言われて自治会長の大島忠が警察に向かったので、面倒になることを恐れて自転車でもらい下げに行った。その夜、自治会の集まりに摩智の代理として出席した和昭は、行事への参加などが面倒で退会したいという世帯が増え会の存続が危ぶまれていることを知った。妻から何も発言するなと忠告されていたが、和昭はここには思い出も歴史も何もないと言って出て行った和弘のことを思い出し、虹の丘祭の実行委員を引き受けることにした。

和昭の周りには気の合う仲間が集まるようになり、一郎、忠の他に絵を描くことを趣味にしている石田勉を加えた四人組がいつも行動をともにするようになった。ある日、努が高台からいつものように街の絵を描いていると、その先に見える村崎家の周辺に変化があることに気付いた。午前6時過ぎに電気工事の大型ワンボックスカーから5人の男が降りて住宅に機材を持ち込んだが1人だけが車に乗って帰った。しばらくして中年女性が郵便受けにチラシを入れると様子を窺いながら家に入って行った。そのことを努が3人に話すと、外にいる作業員も怪しく見えてきた。まさかこの家に住む裕宇君が誘拐され、刑事が張り込んでいるのではないか。特に予定のない老年探偵団は行動を開始した。

屋台的映画館

PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R