忍者ブログ

宇能鴻一郎の濡れて打つ

  • posted at:2017-04-16
  • written by:砂月(すなつき)
うのこういちろうのぬれてうつ
日活
配給:日活
製作年:1984年
公開日:1984年2月17日 併映「縄姉妹 奇妙な果実」「セクシー・オーラル 浮気な唇」
監督:金子修介
プロデューサー:栗林茂
原作:宇能鴻一郎
企画:小松裕司
脚本:木村智美
制作担当プロデューサー:三浦増博
撮影:杉本一海
美術:斎藤岩男
録音:中山義廣
照明:高柳清一
編集:冨田功
選曲:佐藤富士男
挿入曲:「太陽がくれた季節」暗い三角定規
助監督:池田賢一
色彩計測:鈴木繁雄
現像:東映化学
出演:山本奈津子 林亜里沙 石井里花 沢田情児 原田悟
アメリカンビスタ カラー 55分
 
泉ヶ丘高校一年生の細川ひろみがテニス部に入ったのは、去年の春ボールを追うお蝶様の姿に一目惚れしたからだった。お蝶様から才能を見出されたひろみは、わたくしのように強くなりたかったら恋は禁物よとアドバイスを受けた。彼女は男に溺れて挫折して行った部員を何人も見てきたからだった。男の存在を忘れなさいと忠告し愛用している赤いラケットをお蝶様が渡すとひろみは感激した。何故なら新入部員で名誉ある待遇を受けたのは彼女だけだったからだ。そんなひろみに目をつけたのはスタープレイヤーの坂西卓で、テニスの個人指導をするとともに別の指導も行うのだった。二人の様子を恨めし気に見ていたのは報道部の玉本茂樹で、ビデオカメラを手にひろみの姿をいつも追っていた。

翌日がお蝶様の誕生日であることを思い出したひろみは、スポーツ用品店でプレゼント用のラケットを買った。店を出てエレベーターに乗ろうとしたところ突然男が乗り込んできたのだ。男は操作パネルをいじってエレベーターを停め、地震だが心配ないからと落ち着くように言った。そして換気扇が止まっていることで室内の温度が上がれば脱水症状を起こして死んでしまうと脅した。喉が渇くというひろみに前兆が始まっていると説明すると、無理矢理パンティーを脱がそうとした。抵抗する彼女に死にたいのかと怒鳴る男。ひろみがおとなしくすると男は調べるからと言って彼女の股間をまさぐった。やがて潤ってくると男は、今度は服を脱ぐように言った。何故と問いかけるひろみに、男は脱水症状の後遺症を処理するために肉棒注射をするんだと答えた。

翌日、練習の前にプレゼントを渡したひろみは、お蝶様からお礼のキスをもらった。このようなことは稀であるため、部員たちは彼女に嫉妬した。その後、新コーチの北條が紹介されたが、ひろみは彼の顔を見て唖然とした。あのエレベーターの男なのだ。北條は部員たちにいきなりグランド50周を命じた。毎日厳しい練習が続く中、北條は関東大会シングルスの代表選手を発表し、お蝶様こと松波美沙とひろみの名を呼んだ。1週間後に試合を行い、勝った方が正選手となり、負けた方が補欠に回るというのだ。ひろみは北條を追い掛け、大会への出場経験がない自分が選ばれた理由を尋ねた。すると彼は言った。あの時にお前が持っている天性の腰のバネを発見したんだ、と。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R