忍者ブログ

ザ・タイガース 世界はボクらを待っている

  • posted at:2016-10-22
  • written by:砂月(すなつき)
ざたいがーすせかいはぼくらをまっている
東宝=渡辺プロダクション
配給:東宝
製作年:1968年
公開日:1968年4月10日 併映「ドリフターズですよ! 盗って盗って盗りまくれ」
監督:和田嘉訓
制作:渡辺晋 五明忠人
脚本:田波靖男
撮影:長谷川清
美術:育野重一
録音:吉岡昇
照明:山口虎男
整音:下永尚
音楽:森岡賢一郎 すぎやまこういち
主題歌:「銀河のロマンス」ザ・タイガース
・・・:「君だけに愛を」ザ・タイガース
・・・:「シーサイド・バウンド」ザ・タイガース
・・・:「モナリザの微笑」ザ・タイガース
・・・:「イエロー・キャッツ」ザ・タイガース
・・・:「僕のマリー」ザ・タイガース
・・・:「星のプリンス」ザ・タイガース
・・・:「真赤なジャケット」ザ・タイガース
・・・:「こっちを向いて」ザ・タイガース
・・・:「落葉の物語」ザ・タイガース
雑誌「明星」募集歌:「花の首飾り」ザ・タイガース
監督助手:石田勝心
編集:池田美千子
合成:三瓶一信
現像:東京現像所
制作担当者:坂井靖史
出演:沢田研二 瞳みのる 森本太郎 加橋かつみ 岸部おさみ
シネマスコープ カラー 87分

日本劇場で行われている「新春日劇ウエスタンカーニバル」は超満員に膨れ上がっていた。さらにザ・タイガースが登場すると興奮は最高潮に達した。その頃、地球の近辺で異常が起きていた。アンドロメダの星のシルビイ王女は「星の王子さま」気取りでキザな許婚のナルシス殿下のことが顔を見るのも嫌だった。そんな彼女が気晴らしに地球を一目見たいと言ったことで、侍女のベスはわがままを叶えてやろうと運転手のヘラクレスに命じてやってきたのだ。ところが地球からの強烈な音波が原因で宇宙船が不調になり、砂浜に不時着したのだった。意識を取り戻したベスは船内に王女がいないことに気付くとヘラクレスを起こして事情を説明した。ハッチが開いていたことからシルビイが外へ出たに違いないと確信したヘラクレスだったが、何故か砂浜についていた足跡が途中で消えていたのだ。宇宙船が不時着したことを秘密警察はすぐに嗅ぎつけ長官でもあるナルシスに伝えると、怒り心頭の彼はすぐに連れ帰るよう命じたのだった。そんなこととは露知らず、音楽が聞こえる方へやってきたシルビイは知らず知らずのうちに楽屋に入り込み、出待ちするファンたちの渦に巻き込まれて階段から落ちたのだった。ジュリーは気絶した彼女を抱きかかえるとメンバーとともにバスに乗り込んで病院へ急行したのだった。

探知機を使ってシルビイが入院している東京中央病院の場所を突き止めたベスたちはベッドに寝ている王女を見つけると早く退院するように言った。だが見舞いにやってきたメンバーから暗殺者と間違われて部屋を追い出されたのだった。シルビイは自分がアンドロメダの星からきた王女で、ベスとヘラクレスも仲間であることを話したが、トッポたちは信じようとしなかった。だがジュリーだけはデタラメを言っているとは思えなかった。何故なら彼女の目が真実を語っていると感じたからだった。ベスとヘラクレスが王女を連れ出すことに失敗して宇宙船に戻ると、秘密警察はナルシスの命令で二人を凍結した。

ファンに住所がばれたことで近隣への迷惑を考え引っ越しすることにしたタイガースのメンバー。その準備の最中にやってきたのは警視庁の刑事だった。早瀬はシルビイが負傷した件についてジュリーたちに事情を聞きにきたのだが、アパートの前で待つ大勢のファンの中にいた彼の娘・みどりからジュリーにプレゼントを渡すように言われたことで大騒ぎになり、管理人のおばさんに一喝された。早瀬はタイガースが二度と事件を起こさないように見張ることを課長から命令された。そのことでいらだっていた彼は、家に帰ってからも外から大音量の「僕のマリー」が聞こえてきたことで苦情を言いに行くことにした。ところがそのマンションはタイガースの新居で、一緒についてきたみどりは窓からジュリーの姿が見えるとあまりのうれしさに失神した。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R