忍者ブログ

パセリ

  • posted at:2016-11-10
  • written by:砂月(すなつき)
ぱせり
ジャックボックス・ピクチャーズ
配給:アートポート
製作年:2004年
公開日:2005年5月28日
監督:植田尚
エグゼクティブ・プロデューサー:小村一之
プロデューサー:入江則雅
脚本:植田尚
撮影:高田陽幸
照明:柴田守
美術:都留啓亮
録音:下元徹
編集:嘉代秀樹
助監督:草野昌美
CG:深瀬沙哉
音楽プロデューサー:筑紫一清
音楽:高濱祐輔
監督助手:丸山文正
撮影助手:深沢雄壽
Bカメ:宮本亘 富田圭一
小道具:小関広臣
衣裳:深野明美
衣裳助手:大河原悠子
ヘアメイク:山内聖子
ヘアメイク助手:山本仁美
スチール:小鮒利也
ライン・プロデューサー:小泉朋
制作主任:赤羽智比呂
制作進行:田中耕作
出演:友井雄亮 派谷恵美 勝村美香 ヨモギダ 大滝明利
アメリカンビスタ カラー 81分

千葉県の地元でストリートミュージシャンをしていた村沢一輝は、音楽事務所のマネージャー・友引修二にスカウトされて上京した。だが頼りにしていた友引が多額の借金で失踪したことで活動の場とマネージャーを失った一輝は音楽への情熱まで失ってしまった。それ以来何をやってもうまく行かず、勤めていた運送会社でも同僚とケンカして辞めた。ある夜、ムシャクシャした彼は繁華街にある店の看板を蹴り倒したことでパトロール中の落合巡査長に交番へ連行された。落合が職務質問を行っていると、身元引受人として現れたのは彼の恋人の小宮恵だった。反省をしていない一輝の姿を見て簡単に釈放してくれないと見た恵は動けないほど一輝を殴り倒して許しを乞うたのだった。その日はかつて同じ事務所に所属していた藤崎翔のライブを観に行くことになっていたが、努力を積み重ねて成功した彼のことを一輝はやっかんでいた。そんな彼の態度に愛想をつかした恵は別れを切り出したのだった。あなたが歌いたいんだったら少しは手助け出来ると思っていたけど、情熱が無くなった男に貢ぐほどバカじゃないから、と。突然のことでショックを受けた一輝は何も言い返せずただ背中を見送るだけだった。

泥酔した一輝がフラフラと深夜の繁華街を歩いていると、ふと一つの看板が目に入った。そこには「スナック・ひとりぼっち」と書かれており、孤独の自分をバカにされたような気がしたことからまた看板を蹴り倒そうとした。すると何処からか「私、見てるよ」という少女の声が聞こえ思い直した。だが辺りに人がいないことから立ち去ろうと思ったが、まずその前にタバコで一服することにした。ところがライターを持っていなかったことがわかり困っていると、誰かが火を差し出してくれた。すみませんとお礼を言うとその相手は人魂だった。それがわかり呆然と立ち尽くす彼の前に現れたのは、先ほど声を掛けた少女だった。だがファンだという彼女の正体が幽霊だとわかると一輝は怖くなって一目散に自分のアパートに駆け込んだのだった。それでも少女はついてきた。彼の歌を聴くために。ミュージシャンの夢を捨てた一輝にとって歌うことは苦痛でしかなかったが、聴くまでは成仏出来ないと言われれば従うしかなかった。ギターを手に取った一輝は意を決して歌い始めたが、近所の住民からうるさいと苦情が出たため急いで止めた。すると傍らで泣いていた少女は、今の歌には感動ややさしさ、温かさが感じられないと言った。痛いところを突かれた一輝は、歌ってやったんだからさっさと消えちまえと怒鳴るしかなかった。

屋台的映画館
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

プロフィール

HN:
砂月(すなつき)
性別:
非公開
自己紹介:
ブログ主はインドア派大分トリニータサポーター

 

P R